ものづくりブログ

ゼロからスタートして何かを作って世に出すまでのことを書くブログです.

Raspberry Piで無線LANの接続が切れたとき自動で再接続させる方法

 

こんにちは.

 

前回の記事で,部屋の使用状況をモニタリングするデバイスの評価結果をお知らせしました.

その中で,無線LANへの自動再接続の課題がありましたが,今回はその方法を解説します.

 

まずはwicd-cursesというアプリケーションをインストールします.

 

sudo apt-get update

sudo apt-get install wicd-curses

 

インストールが完了したら実行します.

 

sudo wicd-curses

 

すると以下の様な画面が表示されます.

 

f:id:daisukekmr:20150208173730p:plain

 

自動的に今接続可能な無線を拾ってリストアップしてくれるので,その中から接続したいSSIDを選んで右キーを押し,設定画面に入ります(以下).

 

f:id:daisukekmr:20150208174729p:plain

 

ここでAutomatically connect to this networkを選択し,Spaceキーでチェックを入れれば接続が切れても自動で再接続されるはずです.

あとはKEYのところにルータ側で設定しているKEYを入力し,F10を押せばOKです.

 

アクセスできる無線一覧の画面に戻るので,「Shift + q」を押してwicd-cursesを終了します. 

 

ラズパイを再起動して,無事指定した無線ネットワークに接続されていれば成功です.念のため,ルータ側を再起動したときにラズパイが自動で再接続するか確かめてみましょう.

 

今回は再接続のためにwicd-cursesを使用しましたが,普通にwifi設定にも便利に使えそうですね.

 

ただし,私が設定を行った時は,WEP接続ではうまく行かなかったので,WPAでの接続が出来る環境でしかつかえなさそうです.WEP接続の際は接続しようとすると下記のような文字列がしばらく表示され,接続に失敗しました.このあたりの情報あれば教えて下さい.

 


Validating authentication...

 

 

 

参考文献 

[1]nWorld「Raspberry Piの無線LAN自動再接続」(http://firtel.blogspot.jp/2014/08/raspberrypi-wifi-autoreconnect.html)